見て判る血精液症

残念ながら、検査キットでは血精液症は確認できませんので、下記の症状が出た場合は病院に行きましょう。

具体的な主症状は精液に血が混ざり、目検で異常が分かります。

同時に起こる特徴をあげると、発熱、尿道の不快感、排尿痛、頻尿、射精痛、会陰部(睾丸と肛門の間)や下腹部の痛みなどです。

これらの原因菌は、性感染症のクラミジア、淋病に関係して引き起こすそうです。

その他、トリコモナス、ウレアプラズマ、マイコプラズマ等も同じで、最も多いと言われているのが大腸菌です。
場合によって検査を行っても、尿や前立腺分泌液に異常がない事も多く、2~3週間程度で自然に治るケースもあるみたいです。

主な治療方法は、各種の原因菌に対する抗生剤が処方されます。

服用期間は約4~12週間程度と、症状や改善により異なるそうです。

検査方法は泌尿器科での触診、尿と精液の採取を行い顕微鏡観察、血液採取、超音波診断などにより調べられます。

触診の場合は、肛門から指にて直腸を触り、異常がないかを確認します。

精液検査は、前立腺液に血液が混入していないかを診る様です。